HOME>コラム>観覧車の楽しみ方【ゆっくり楽しめるアトラクション】

観覧車の楽しみ方【ゆっくり楽しめるアトラクション】

観覧車

ガラスがどこにあるか

日常生活の場にはガラスがたくさんあります。住宅などの建物の窓にもありますし、自動車や鉄道などの窓の部分にもあります。ガラスは壁のような役割をする一方で、透けているので向こう側の景色が見えます。展望台などにガラスが使われていると、遠くの景色や下の景色などが楽しめます。遊園地などでおなじみの観覧車も遠くの景色が楽しめるアトラクションとして知られています。一般的なタイプはゴンドラの上部がガラスになっていて、下部はガラス以外の素材です。座席に座ったときに目の高さ以上の部分はそのまま見られますが、下を見たいときはのぞき込む必要があります。観覧車の中でも変わったタイプとして、ゴンドラの床の部分がガラスになっているものがあります。のぞき込まなくても下の様子がわかります。

男女

円を描くように上下する

遊園地にはたくさんのアトラクションがあり、ジェットコースターなど絶叫系と呼ばれるものもあります。フリーフォールは真上に少しずつ上がって、その後真下に急降下するアトラクションです。ジェットコースターやフリーフォールはそれなりに上下しますが、それ以外に上下するものとして観覧車があります。ただ絶叫系と呼ばれることはなく、誰でものんびり楽しめるようになっています。フリーフォールと異なり真上に直接上るのではなく、円を描くように斜めに上がっていきます。4分の1まで上がると逆斜めに上がり、最終的に乗車一の真上に到達します。降りる時も斜め下に円を描くように降りていきます。単に遠方が見られるだけでなく、広い範囲に渡って遠くを見渡すことができます。